肉・卵・チーズ 2014年08月28日
FC2ブログ
2014年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

現時点で、なんらかの持病があり通院している方は、自己判断でMEC食を始めないでください。 必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。 今食べている食事の量が多いか?少ないか?体重が増えない、減らないなどのコメントを頂く事があるのですが、 私は単なるMEC食の実践者にすぎませんので、個々の質問にお答え出来る立場にありません。 今後そういったコメントを頂いた場合、申し訳ないのですが削除する事にしました。 ご理解をお願いいたします。 ご自身の体験について、皆さんと分かち合う目的でのコメントは大歓迎です。 よろしくお願いいたします。

2014.08.28 (Thu)

痩せるのとやつれるのは違います

同じ体重が減るのでも、痩せるのとやつれるのは違います。

昔の私、体重が減ると、痩せたーと喜んでいました。
でも実際はやつれていただけ。

MEC食を実践し始めてから、本当に痩せるということがどういうことなのか、少しずつ感じられるようになって来ました。

痩せるときには、皮下脂肪は減らない。なので、頬がこけたり、目元がくぼんだりしません。もちろん肋骨は浮きません。爪も肌もツヤツヤしたままです。体の奥の方の余分な脂肪がなくなるというイメージ。体幹が絞られるような。なので動作もテキパキしますし、体が軽くなったのがわかります。

やつれると、皮下脂肪や水分から減ってしまうようで、頬がこけて、胸元が痩せるし、首も筋っぽくなります。
爪のつやもなくなりますし、皮膚の潤いも無くなります。手元も、しわっぽくて、血管が浮き出ます。動作も鈍く、だるく、眠いです。こう書くとただの不健康な人ですけど、低カロリーダイエットしている人って、こんな人、多くないですか?←かつての自分。
なのに、下半身は痩せないし、むしろむくんだり。(.xθx.)

Facebookのお友達、痩せたーと、画像を載せているのをみて、おいおい、それ、痩せたじゃなくてやつれてるよ、と突っ込みを入れたくなることがありますが、ぐっと我慢しています。

ビフォアアフターで、アフターが若くなっていれば、痩せているとみていいのかもしれません。年相応、もしくは老けて見えたら、それはやつれですね。

暑い間、メインが夕食で、朝、昼はごく軽く済ませていたのが、涼しくなって、朝、昼、しっかり食べるようにしたら、体重がまた減りました。食事誘発性熱新生の回数が増えるからでしょうか?食後のポカポカが気持ちいいです。


IMG_1699.jpg

せっかくいっぱい書き込みして、線もいっぱい引いて、読みたいところがサッと探せるようになっていたのに、また新品になってしまいました。三冊目です。禁帯出のシールつくって表紙に貼らないと。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
スポンサーサイト



09:00  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |