肉・卵・チーズ 2014年10月
FC2ブログ
2014年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

現時点で、なんらかの持病があり通院している方は、自己判断でMEC食を始めないでください。 必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。 今食べている食事の量が多いか?少ないか?体重が増えない、減らないなどのコメントを頂く事があるのですが、 私は単なるMEC食の実践者にすぎませんので、個々の質問にお答え出来る立場にありません。 今後そういったコメントを頂いた場合、申し訳ないのですが削除する事にしました。 ご理解をお願いいたします。 ご自身の体験について、皆さんと分かち合う目的でのコメントは大歓迎です。 よろしくお願いいたします。

2014.10.16 (Thu)

かつて作っていたヘルシーと言われる食事について おすすめレシピ本もちょっと紹介

MEC食にしてから、使う調味料が激変しました。
っていうか、塩こしょう、ハーブソルト、粗塩以外ほとんど使いません。

アメリカやスペインにいた頃はそんな感じでした。メインの味付けは塩とコショウ、ハーブ、オリーブオイル、バター、チーズくらいな感じでした。タンパク質、脂質、ミネラル、バランスが摂れているので、余計な調味料は必要ないのでしょう。
(アメリカやヨーロッパの料理本を持っていらっしゃる方は、ちょっと見てみてください。ほとんど砂糖は使われていないと思います。)

それに引き換え、いわゆる日本の普通のオカズって、なんであんなに醤油と砂糖使うんでしょうか?
いままで参考にしていた料理本、ほとんど砂糖が入っているので、全く使わなくなって、ブックオフに持って行ってしまいました。

【参考】比較的砂糖の使用が少ないレシピ本 →瀬尾ゆきこ
全部チェックしているわけではありませんが、手持ちの、おつまみ系は他の料理本と比べて、砂糖の使用量が圧倒的に少ないです。

考えるに、人間は、本来タンパク質と脂質を美味しいと感じるように出来ています。
必須栄養素の、タンパク質、脂質を食べると 美味しいスイッチ が入るのです。
それは食べるべきモノだ!!!もっと食べなさいという脳の正しい指令です。

残念な事に、糖質の甘みもそのスイッチを押す事が出来るのですね。
たぶん太古の昔に、たまに手に入れる事のできた、エネルギー効率の良い果実や蜂蜜を食べるモチベーションのためなのでしょう。

日本の一般的なオカズの材料ではタンパク質も脂質も足りないために、塩で味付けしただけでは美味しいスイッチが入りません。なので、ダシや甘みをたして、無理矢理美味しいスイッチを入れる必要があるのでしょう。

和食でも、お刺身などはタンパク質、脂肪がしっかりとれるので、お醤油だけで美味しいですよね。


(肉を食べないマクロビでは、砂糖はダメでも、何故かみりんや米飴や甘酒は使えますね。やっぱり塩や醤油だけではマズくて続かないのでしょう。カボチャやサツマイモもOKだし…)

必須栄養素が足りないので、本来はマズい料理を、無理矢理、アミノ酸と甘みで美味しくしているのでした…。

MEC料理で何となく味が決まらないなと思ったら、パルメザンチーズをふりふりするのがオススメです。
うまみタップリで西洋の鰹節と言われています。トマトもアミノ酸が多いので、ダシ代わりに入れると味の足しになります。(西洋の料理でも野菜比率が多い料理にトマトが使われるのは同じ理由だと思われます。)


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
10:11  |  参考図書  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2014.10.15 (Wed)

あれ?錯覚じゃないのかな?

MEC食を始めて半年以上経ち、体重の減少もほとんどなくなり、平穏な毎日が続いておりました。

まあ、体重も健康値だし、もうこのまま現状維持だと思っておりました。

そして、好奇心旺盛な私なのに、MEC仲間の、サイズを測っておいた方がいいよ!
というアドバイスはずーっと聞き流していました。
だって、メジャーが冷たくて、心臓とまりそうになるんだもん。
↑下着の上から測れば良い ということに最近気付きました。

なので、ここのところ、たまに思い出したようにサイズを計測しはじめたわけなのですが、どうも 当社比 ウエスト −1㎝、バスト +1㎝ の変化があったような模様です。

最初は誤差の範囲だろうと、信じていなかったのですが、何度測っても同じような数値がでますので、どうやら本当に変化が起きつつあるようです。

物心ついて以来、貧乳、下半身デブで生きて参りましたもので、他の方はどうか知りませんが、私に限っては、バストアップなど起こりっこ無いとどこかでおもっていたのですが…。
もしかして…MEC食、やってくれたかもしれません。

ついに、体重は維持のままの、くびれ出現なるか?!


フトモモのセルライトは何だか減っているような気がしますが、サイズ的にまだ変化はありません。まだ、そこら辺は質量保存の法則が働いているようです。

なんか、自分にはどこか無関係に思っていた事が、起き始めているかもしれません。今後も推移を見守りたいと思います。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

09:03  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.13 (Mon)

ネギ塩 MECのお供に…。


ネギは買ってすぐ、新鮮でシャキシャキのうちにドッサリ刻んでしまいます。
ぴったり蓋の出来る容器に入れて、塩胡椒してごま油をタラ~リと入れてよく混ぜます。こうしておくと、ネギの香り成分が揮発せず、長持ちします。
時間が経つと、水分がにじみ出てとろ~りとなるのですが、それも美味しいのです。ネギの上の方の青い部分まで入れる方が美味しい気がします。



汚い写真でごめんなさい。お昼に食べてしまった残りです。しかも息子が刻んだので、かなり分厚い…(.^θ^.)


焼いた肉や魚に乗せたり、スープに入れたり、何にでも使えます。
今回は一味も振って混ぜました。

今日はラムのソテーに乗せていただきました。

お試しあれ…。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
13:32  |  レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.12 (Sun)

お蕎麦やさんでランチ


夫と次男と買い物に出たら、お腹が空いたそうで、蕎麦屋へ行くことに…。
お蕎麦以外のメニューがあるお店を探しておいてくれたようです。




チキン南蛮の単品にしました。
甘酢が、非常に甘くてビックリ!
食べるのが辛くて最後は息子に手伝ってもらいました。

次回は甘酢なしか、唐揚げ単品にしようっと。

探せば、MECな食事に出来る店は意外に多いものです。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
16:58  |  外食  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2014.10.10 (Fri)

ほんとは痩せたくない人

知人に太ってる人がいます。
彼女は、いつも痩せたい痩せたいと言っています。
私がMEC食でぐっと体重が落ちた時にも、どうやってやせたの?教えて!と聞かれたので、黄色い本を紹介して簡単なMEC食の方法も教えました。

でも、しばらくたって、やっぱり無理だと言っていました。

やっぱりな〜と思いました。

彼女の 痩せたい は、単なる口癖で、本心から痩せたいわけではないのだろうと思っていましたから。
彼女の話を聞いていると、太っているから〇〇出来ない。という言い訳が多いのです。

では痩せたら〇〇するのか?と問うたら、怪しいです。
自分のしたい事、すべき事をしない理由に、太っているから…、という言い訳をしているだけにみえます。
〇〇しない、出来ない、の言い訳に太っている事を使っているので、痩せるわけにいかないのでしょう。
痩せてしまって、自分の本来の姿、心の本質に直面する勇気がないのだと思います。

自分の本当にしたい事、すべき事をするのは勇気がいります。←このこと自体がわからない人もいます。

まだ、この人は脂肪をまとう事で自分を守っているのだな…。と理解して、MEC食の事を話すのは一切やめました。

本気で痩せたい人と、痩せたいと言っているだけの人がいます。
前者の人にはMEC食は有効ですが、後者の人には無効かもしれません。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
09:34  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2014.10.09 (Thu)

鍋の〆

我が家は気温が下がってくると、夜とりあえず鍋にしてしのぐ…。という生活を長年しております。
MEC食に移行した今も、息子のリクエストでここ数日鍋が登場しています。
キムチ鍋の素にモヤシをドッサリ。肉の薄切りドッサリ。豆腐も投入。
いただきま~す!!!


最後には鍋の汁だけが残ります。

以前ならここに冷凍うどんをぶち込んで〆!でしたが、もうウチの冷凍庫にうどんはありません。

そこで登場するのが卵です!

絵面はイマイチです…(.TθT.)

卵をとかずにそのままおつゆに入れて、蓋をしてしっかり固まるまで待ちます…。

卵の白身がおつゆの美味しい味をしっかり吸い込んで美味しいです!

これからはお鍋の〆は落とし卵でいけそうです(.^θ^.)


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
19:18  |  レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.08 (Wed)

MEC食費

FacebookでMEC食にしてからの食費の話題が出ましたので、我が家の場合を公開します。
40代50代の夫婦+20代女子←ダイエットに全く興味なし+10代後半男子2人という家族構成です。
朝ご飯は普通に食べる、私以外全員お弁当持ち、夕食は夫は晩酌、他は普通に食べるという感じです。

お米や野菜を送ってくれる親戚もなく、食べるものは全て購入しています。
MEC食を始める前は、お米や味噌、卵などはコープの宅配を利用していました。
(なんと卵は一週間に1パックしか頼んでいなかったのに、使い切れない事もありました。)

コープ宅配にプラスして、毎日ちょこちょこスーパーに行き、週末も遠くのお店まで買い出しに行っていました。
(夫がわりと主婦っぽくて、スーパー巡りが好きなのです。)
コープの引き落としが毎月6万円くらい、その他に、数万円使っていました。
ほぼ毎日、お肉やお魚、豆腐や卵のメイン料理に野菜タップリの副菜、という若干ズボラ目のメニューでした。
週一回はカレーやシチューのルーもの、パスタや混ぜご飯といった手抜きメニューも活躍していました。
男子のお腹を満たすため、オヤツに菓子パンなども与えていました(.xθx.)

それがMEC食にしてからは、週末にチーズは遠方の安い店でとりあえずまとめ買い。(メガドンキ)
豚肉も安い店でとりあえずある程度買います。(OKストア)
平日にスーパーの特売にあわせて、豚肉、鶏肉、ひき肉などを購入。
卵も週に2回、特売の日に3〜4パック購入。
冷凍は解凍するのが億劫で、ほとんどしていません。ひき肉をちょっとキープしてる位。
野菜は焼き肉レタスをサンドイッチに愛用中。他に、玉レタス、ブロッコリー、ピーマン、アスパラ、キュウリなどをメニューが決まった時点で購入。

肉は100gあたりの値段を最重視。150円以内を基準にしています。鶏肉は100円以内。安い砂肝、レバーも愛用中。半額セール、見切品は必ずチェックします。



写真は昨日の、豚肉半額セールの時の買い物。ついている値段から半額になります。トータルで2800円ちょっとでした。肉のセールじゃない日は1500円くらいでおさまります。

家計簿をつけるたびに具合が悪くなるので、どんぶり勘定で暮らしていますが、今のところ家計は破綻していません。米、麺類、スナック菓子、果物、根菜、加工食品、低糖質食品、甘い飲み物などは買わないので、トータルの出費は変わらないようです。私の毎月の医療費が激減したのも貢献しているかもです。薬代が半分以下になりました。

MEC食にすると、食費がものすごく上がるんじゃないかと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、それまでが、極端に貧栄養な食事だったりしない限り、今までとほぼ変わらないくらいで落ちつく方が多いようです。

ローカーボハイファットの食事法の中には高額のサプリメントが必要なものもあるようですが、MEC食ならスーパーで買えるモノですぐ始められます。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
08:42  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.07 (Tue)

砂上の楼閣 パラダイムシフトで去ってゆくもの

昨日もテレビで糖質制限が取り上げられていたようで、糖質制限が減量の一方法としてかなり浸透して来たなあと思います。だいぶ市民権を得て来たかな?

私が実践しているのはMEC食なので、糖質制限とはアプローチは違うのですが、カロリー理論とそれに基づいたヘルシーなお食事理論に思いっきり反していて、糖質を必須栄養と考えていないという意味では同じ土俵のお仲間です。

世間で当然とされている理論が実は違っていた。例えば天動説→地動説 のようなことをパラダイムシフトと言いますが、糖質制限(及びMEC食)はある意味、食生活にとってのパラダイムシフトです。

そんなパラダイムシフトが起きちゃっている中、従来の正しいと言われる食事を押し進めている方々の筆頭として管理栄養士なる方々がいらっしゃいます。
厚生労働省に管轄される資格なので、もちろん厚生労働省が正しいとしているカロリー理論に立脚しています。

誰でも自分の生活がかかっている理論を揺さぶられたら、平穏ではいられないでしょう。御本人達に取っては強固な岩盤に立っていると思っていたのが、ある日突然、流砂の上にいるのがわかったようなものですから。
なので、管理栄養士の中には、ヒステリックと思えるまでに糖質制限に反論されている方もいます。とくに若い方だと、今後の生活がかかっているので、それもある意味当然かもしれません。
(ある程度お年を召した方なら、在職中は今までの理論を貫き、リタイヤ後は糖質を避ける生活をなさる…、なんて方もいらっしゃるかもしれませんけど。)

それに対して、私はただの生活者で、家族の献立には責任はあるものの、ほぼ自由に食材を選んで調理して食べる事が出来ます。何をどれだけどうやって食べようと、あれこれ指図される心配はありません。今後もMEC食を淡々と実行してゆくだけです。パラダイムシフトにひょいと乗っかれる気軽な立場にいます。

古いパラダイムに沿ってお仕事をされている方にとっては、今後は辛い展開になるかもしれません。

逆に新しいパラダイムを素早く理解する事が出来てしまった、いち早く今までの理論の破綻に気付き、糖質は必須でない、と気付いてしまった管理栄養士さん達は、現時点では、本当に大変だと思います。身の回りのありとあらゆる事がカロリー理論に立脚している真っ只中で働かなくてはならないのですから。

幸い、ドクターの中で糖質制限やMEC食がじわじわと広がっているようです。
願わくば、先見の明のある管理栄養士さん達が、そういう進取の気概にあふれたドクターのもとでお仕事出来るようになったらいいなと思います。

MEC食や糖質制限をしてみて、自分の身体で結果を出すひとが増えている今、どんどん周りの人の意識も変わって来ています。こうやってパラダイムシフトは一気に加速するのでしょう。
そして、気付いたら取り残されているのは専門家だけ…なんて事になってしまうのかもしれません。

新しいパラダイムに乗っかってみませんか?目から鱗が落ちますよ。




にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ



10:43  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  編集  |  Top↑

2014.10.06 (Mon)

お知らせです 講演会@東京

MEC食に興味がある方に、すごいお知らせがあります。

なんと来月、11月23日に、都内でMEC食の提唱者、渡辺先生の講演会が開催されます。

名古屋講演に行かれた方の話では、目から鱗が数えきれないほど落ちたとか…。
もしかしたら、黄色い本には書かれていなかった、最新の話が聞けたりするかもしれません。
質疑応答があるようですので、疑問に直接答えていただけるチャンスです。
私ももちろん参加予定です。

詳しい事は
↓↓↓
ローカーボ・プラスワン セミナーのお知らせ ←こちらをクリック



こちらの本でぜひ予習をしておいてください(笑)




にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

17:09  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.04 (Sat)

MEC食は目的じゃない

MEC食を始めて半年になろうとしているのですが、MEC食は目的じゃないんだな…としみじみ思います。

食事にかける手間も時間も減り、何だか一日が以前より長くなったと感じるようになりました。
体調も薄紙を一枚一枚はぐように良くなっています。
最初は減量目的で始めたのに、いつの間にか体重はほとんど気になりません。
毎日すこしづつ身体が引き締っていると感じているので、来年の誕生日が楽しみなくらいです。

自由な時間が増えて、ますます人形制作にじっくり取り組む事が出来るようになって来ています。わたしって人形作るのが本当に好きなんだな…とあらためて思っています。

不思議なのですが、MEC食を始めてから、私の本当にやりたい事は何か? という事を強く意識するようになりました。

以前は、主治医から、食事に気をつけて…食べたいモノも好きなだけたベるんじゃなくて我慢して…毎日30分以上ウォーキングして…などといわれていました。そんな事出来っこないと思って、フツーに聞き流していましたが…。(いまでも、痩せるために、我慢した食生活して、運動している人も多いのでしょうね。)

MEC食なら、運動好きな人は運動すれば良いんですよ。きっとそれがその人のしたい事だから。お散歩が好きなら、お散歩、ジョギングが好きなら、ジョギング。
運動が好きじゃなくて、他に好きな事がある人はそっちを頑張る。

MEC食していると自分のしたい事、好きな事が分かってくる、そんな気がしています。
したくない事、嫌いな事、興味のない事も分かってくる、そうも感じています。

以前、減量目的のダイエットをしている時は、ダイエットが目的化してしまい、ダイエットを中心に生活が回っていたのが今更分かります。ダイエットするだけで手一杯で、生活の中身が良くなるってことはなかったような気がしています。体重に一喜一憂して、減れば喜び、リバウンドすれば自己嫌悪。体重に振り回される生活。誰かに久しぶりに会えば、痩せたって言われるかな?ってちょっと気にしちゃったりして…。痩せた?って別に褒め言葉じゃないのにね。

MEC食をしていると、問われている気がします。
健康になって、自由な時間が増えて、今、あなたのしたい事ってなに?って。
健康になることが目的なんじゃなくて、そして、何をするかが大切なんだって。

FacebookのMEC食の仲間達、減量なんかに全然フォーカスしてない。どんどん自分のしたい事見つけて、キラキラ、キラキラ。それぞれの人が、その人なりのすべき事がわかってる。それが凄く気持いい。

MEC食はいろんな事からどんどん自由になれて、自分本来のすべき事がくっきり見えてくる すごい食事法。
何だか食事法だけでそんな風になるのが不思議な気もしますが、この感じ、MEC食している人にはきっと分かってもらえるのじゃないかと思います。


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ



21:50  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT