肉・卵・チーズ 2014年10月
2014年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

現時点で、なんらかの持病があり通院している方は、自己判断でMEC食を始めないでください。 必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。 今食べている食事の量が多いか?少ないか?体重が増えない、減らないなどのコメントを頂く事があるのですが、 私は単なるMEC食の実践者にすぎませんので、個々の質問にお答え出来る立場にありません。 今後そういったコメントを頂いた場合、申し訳ないのですが削除する事にしました。 ご理解をお願いいたします。 ご自身の体験について、皆さんと分かち合う目的でのコメントは大歓迎です。 よろしくお願いいたします。

2014.10.31 (Fri)

MEC食を実践するの? MECを食べるの?

MEC食を実践する と MECを食べる の違いわかりますか?

わかる人は多分、MEC食を正しく実践できています。


私も最初の頃はこの違いがよくわからなくて、MECをする みたいな書き方をしていました。

今は MEC食 と MEC の違いがはっきりわかります。

え〜? どこが違うの? と思った人は 渡辺先生の本を、何度も読んでみてね♫




にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

スポンサーサイト
17:05  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.30 (Thu)

豚汁!

昨晩作った豚汁があっという間になくなるほど好評でしたので、載せます。


⚫︎鍋に出汁を用意する。←生協の顆粒を使いました。

⚫︎豚細切れをこれでもかってくらい入れる。←若干水の方が多いくらい肉だらけにする。



⚫︎ネギを一本斜め切りにして投入。ネギが好きなら2本入れても。



⚫︎肉に火が通ったら、味噌を溶き入れて、おろし生姜をひとつまみ。

⚫︎もし浮いている脂が少ないようならラードを足す。




食べるときに、好みで七味をふってください。シャキシャキしたネギがお好みなら、味噌の後に入れてもいいかも。たっぷり目のネギで、肉だけでも飽きずに食べられます。

根菜が入らないので、あっという間にできます。たぶんラーメンより早い(笑)


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
08:29  |  レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.29 (Wed)

面白い本を読みました


昨日、電車に乗って出かけたので、ダウンロードした本を読みました。

哺乳類としてのヒトについての本なのですが、MEC的視点から読んでも、大変面白かったです。
渡辺先生の黄色い本の参考図書にもなっています。

特に面白かったのが、穀物食をすると、哺乳類にとってはアミノ酸スコア (必須アミノ酸がどれほど過不足なく取れるか?)が低くなってしまうので、必要量のアミノ酸を取るために 過食 をする という記述です。ちょっとしか入っていない栄養を必要量取るために、その他の栄養素を大幅に多く取ってしまうということです。
動物で言えばネズミがそういう食生活をしているのですが、必要なタンパク質を穀物から取ろうとすると、他の栄養は摂りすぎになってしまいます。なので夜通し動き回って、余分なカロリーを消費しているそうなのです。
ネズミに運動ができないような処置をすると、あっという間に肥満になってしまうそうです。

穀物食をしていた人類も、ある意味同じ状況にあったと思われます。肉食以外で必要なタンパク質を取ろうとすると、穀物を山のように食べ、薄着をして体熱を放出し、朝から晩まで肉体労働をして、帳尻を合わせるしかなかったわけです。浮世絵の素敵な筋肉の日本人はきっとそうやって暮らしていたに違いありません。
小麦でリジンを必要量取るためには2キロのウドンを食べなければならないそうです。

翻って、現代の私の生活を考えると、朝から晩まで体を動かすなんてできないし、糖質の代謝が下手な体質なようなので、必須アミノ酸をご飯プラスおかずで取ろうとすると体の調子が悪くなるに決まっているし、やっぱり私にとってはMEC食が一番合理的で安全な食生活なのだと思います。

改めてMEC食の手軽さに気づきました。




13:35  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.28 (Tue)

MEC食に反省はナシ

MEC食には難しい約束はないのですが、反省はしない というルールがあります。
黄色い本を読んだ方なら、必ず目にしているはずです。



もし、何かの理由で肉・卵・チーズを十分に食べることができなかったり、糖質を多めに取ってしまったりということがあったとしても、それはそれとして受け入れてください。過去は過去。今更逆立ちしても変えることはできません。
そしてもそこで体重が増えてしまっていたとしても、もうだめだーなんて思う必要ありません。
いつもと違う生活をしたので、それが体重に現れているだけなのですから。

ここで、あわてて断食(ファスティング)など、もってのほかですよ。

基本のMEC食をフツーにまた始めればいいだけです。

規定量の肉・卵・チーズを用意して、普段より余計にカムカムする気持ちでゆっくり食事してください。たりない栄養素をきちんと補ってやることで、速やかに乱れた代謝が元に戻るはずです。

ファスティングなどしてしまうと、当然入ってくるはずの必須栄養素が供給されないことで、体の組織の修復などがますます遅れてしまいます。

MEC食はただ痩身するための食事法ではありません。その人の一番いい状態に限りなく近づく食事法です。

そういう私も、スタート時は痩身目的で始めたのですが、MEC食を続けるうちに、痩せてさえいればいい、という考えから解放されました。脳に栄養が回ってきたのでしょう。体重が少ないほど良いという強力な刷り込みから脱することができました。それ以前は、体重コンプレックスとでもいうべき病的な状態だったかもしれません。

貧栄養だと、一つの考えに取り憑かれるとなかなか脱することができない、などということも起きるのかもしれません。脳内ホルモンも脂質から作られるわけですからね。

MEC食を始めてからの期間の違いなどもあるかもしれませんが、体重にとらわれてしまっているうちは、まだまだ脳に栄養が回っているとは言えないのかもしれないな…と近頃思います。
とても重要な器官である脳にしっかり必須栄養素を届けるためには、地道にMEC食を続けるのが結局は一番の早道なのだと思います。

結局何が言いたかったというと、多少食生活が乱れたとしても、慌てず、すぐまたMEC食に戻せばよし!って話でした。


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

18:18  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.27 (Mon)

信じられないことが…

ユニクロで、フリースを買うついでに、ブラも買おうかなと試着しました。
どうもしっくりきません。デザインが変わったのかな?と買うのをやめたのですが、何としてもブラを買う気になったので、下着専門店に数年ぶりに行きました。←数年間、ブラトップとかユニクロにお世話になりっぱなしだったです…

しばらくぶりのブラだというと、さすが、専門店。
店員さんががサイズを測ってくれました。
なんと70−D だとおっしゃる。
え?D? 授乳中にかろうじてDだったことがあるくらいで、何かの間違いでは?
半信半疑で試着してみると、違和感がないどころか、しっくり。
我ながらすごくカッコイイ!びっくりしました。
ちゃんとデコルテにもふっくら肉があって、以前より、ボリューミーな下半身と釣り合いが取れています。

長年のブラトップ生活で、きちんとしたアンダーだと苦しいので、結局75−Cに変えてもらったのですが、店員さん、何度も、本当は70−D ですから、ブラに慣れたら、買い換えてくださいね…。と。
そして、セットアップのパンティーのサイズはLからMになりました。

近頃は下着のテクノロジーもすごいので、もしかしたら、サイズ表記が変わったのかもしれませんが、MEC食をするとブラサイズが変わるとの噂も、自分には関係ないと思っていたのが、我が身に起こって本当に驚きです。嬉しいです❤︎

正月から7キロ痩せたと言ったら、店員さんがグイッと食いついてきたので、MEC食の説明をして、本がありますよ〜と勧めてしまいました。

なんでずーっと下着屋さんに行っていなかったかというと、試着室の鏡に自分の体がモロ映ると、筑波のガマ状態になってしまって、とてもじゃないけど平常心でいられなかったからなんですよね、そういえば。
なので、適当にユニクロのブラトップで過ごしていました。
普通の下着屋さんに行けるようになるってことも、考えてみればすごい進歩なのでした。

独身の頃はブラサイズ、アンダーが65しかなくて、トップもせいぜいB止まり。栄養が足りなくて、成長しきってなかったのかもしれませんね。アラフィフになってバストアップしてもちょっと遅いのですが、まあ、いいか…。

若いうちにMEC食を実行していればすごいことになってたかも…なんてね。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
10:23  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)  |  編集  |  Top↑

2014.10.26 (Sun)

MEC食 気軽に始めてみたらいいと思う

昨日は双極性障害のオフ会でした。
双極者の中で、MEC食がジワジワ広がりつつあるのですが、一人、MEC食挫折した…と残念そうな方がいらっしゃいました。

たまたまメンバーの中に黄色い本をお持ちの方がいたので、MEC食のやり方のページを開いて順を追って説明しました。すると、もっとバリバリ厳しいのかと思った、と。
MEC食を実践している人の話を聞いて、ご飯やパンやお菓子を絶対食べちゃいけないんだ…などと思い込んで悲壮な気持ちになっていたらしいです。←あー、もうパン食べちゃったから、全てパーだよ…。みたいな感じ?

摂食障害があり、お腹いっぱいになるまで食べないと気が済まなくて、パンやご飯で嵩を稼いでお腹パンパンにしているそうです。

お菓子も食べていいんだよ、それも、なるべくならクリームたっぷりのケーキ…アイスも、ガリ○○くんよりはハー○ンダッツ。などとメンバーが口々に説明をしてくれました。
すると、えー、そうなの?と驚きの笑顔。そして、もし口さみしくなったら、パンの代わりにゆで卵を食べてみようかな? という発言になり、みんなで、そうだよ、やってみて合わなければやめたらいいじゃん…、と盛り上がりました。

最初からバリバリMECしか食べないというアプローチではなくて、今まで足りなかった栄養を少しでも補う、という考え方をすれば、劇的なチェンジはないかもしれませんが、少なくとも何かが多少改善はすると思うのです。

ウインナーや卵なら、大抵の冷蔵庫には入っていると思われますので、お菓子の代わりに、そういうものを口にしてみるだけでも、MEC食の始まりとしては決して間違いではないと思います。

摂食障害のある方だと、糖質依存、甘味依存が相当強いでしょうから、一進一退を繰り返すのを前提として取り組んで行けばいいのだと思います。

そのうち、なにかいい体感が得られれば、モチベーションも上がるでしょうし、反省しない のがMEC食のモットーですから🎶。


お昼はお仕事の都合でどうしてもご飯を食べているという方が、家ではできる限りMEC食にしているだけで2キロ痩せたととても嬉しそうでした。双極者はどうしても薬の影響で体重が増えてしまうので、減量の喜びはひとしおなのです。各自ができる範囲でMEC食にアプローチしてゆけばいいんだなあと勉強になりました。

それにしてもMEC食って懐が深いです。




MEC食って、決してエキセントリックな食事法じゃないんですよ。ぜひ一度読んでみてください。目からウロコが落ちるかもしれません。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
11:06  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2014.10.24 (Fri)

腹筋は誰でも割れてます

近頃、フェイスブックのダイエットコミュなどで、腹筋が割れてる写真を、自慢げにアップしている人がいます。それって褒められることなの?と疑問です。
アスリートならともかく、一般女性が腹筋割ってどうするの?

本当のところ、腹筋はどんな人でも割れています。筋肉がそういう風についていますから。
ただ、皮下脂肪が厚ければ当然隠れて見えませんし、皮下脂肪が落ちてくれば露わになって、腹筋の割れが目で見て確認できるようになります。

要するに腹筋が割れているのが見える=皮下脂肪が少ない ってことですね。

皮下脂肪って少なければ少ないほど良いのでしょうか?

皮下脂肪にもいろいろ大切な役割があります。
保温、外部からの衝撃の吸収、エネルギー確保、ホルモンの放出の安定etc。
適度な脂肪は体の美しいラインを作り、肌の輝きやハリを生みます。
皮下脂肪が少なすぎると肌の張りは失われ、輝きも無くなります。静脈が浮き出て青白くなります。
(なので、プロは日焼けサロンで肌を焼き、ローションで人工的に輝きをプラスしているのです。)

特に女性の健康な妊娠出産にはある程度以上の皮下脂肪が必要とされています。

一般男性の好む女性の体脂肪率は30%前後だという調査もあるようです。愛されボディは意外にぽっちゃりなのかもしれません。
(アグネスラムちゃんや、郁恵ちゃんの水着姿、当時の男性に評価高かったですよね…。←古い???)

行き過ぎた痩身願望は健康を損ないます。
今ではアスリートでさえ、必要以上に体を絞ることへの危険を認識し、将来の妊娠出産に備えて、体のコントロールをしようとしている時代なのに、痩身願望に任せて素人がただひたすら皮下脂肪を落とそうとするのは危険でさえあると思います。

ひたすら体脂肪を落としたい…というのは痩身依存かもしれません。
自分の理想のボディイメージが、実際の自分が実現可能で、健康をキープできるものなのか、冷静に考えてみる必要があると思います。

若い女性に、腹筋が割れてる=かっこいい というイメージを持って欲しくないな…おばさんは心配しています。



にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
08:29  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.23 (Thu)

万全でなくてもMEC

一昨日から体調に変化があり、服薬が変わったせいで、日中も眠いです。

そんな時でもMEC食に助けられています。

トリニティーをどんと作ってディナー。



朝も昼もトリニティー。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
13:01  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2014.10.21 (Tue)

変えられないもの

日々、食事をきちんとして、より良い生活をしようと皆さんダイエットしてらっしゃることと思います。

中には理想の体型を目指して減量、痩身に励んでいる方も多いのではないかと思います。

私は昔からひとの身体つきに興味があります。

人種によっても身体つきって随分違うし、同じ人種であっても、個人差って大きいですよね。

でも日本は比較的均質な身体つきの人が多いように思います。海外に行くと、想像を絶する痩せた人や肥った人、背の高い人や低い人がいるものです。そして身体つきも様々。

アジア人の私はよく、You are so thin!! と言われました。10代の頃ですけど…。胴体の厚みがなく、薄っぺらい日本人の体型をよくあらわしてるなぁと苦笑したものです。

骨格ってすごく個人差があって、それによって肉のつき方も変わるんですね。

例えばある程度以上の腰骨があれば、お尻の大きさはそれ以下にはできないってことです。

ヨーロッパの人は、胴体が短い分、肋骨の厚みがすこいです。日本人の倍くらいある気がします。なので、昔は物理的にコルセットで肋骨をギューっとしぼってああいうお姫様ドレス着てたんです。

今はそういう時代じゃないので、皆さん好きな格好してますが。
あまりにコルセットが流行りすぎて、国力が衰えることを心配したビクトリア女王が、直々にコルセット禁止令を何度も出したほとでした…。

今の日本も、何が何でも軽くなりたい人が多すぎて、大丈夫かな?って心配になります。

痩せたい人も、一度冷静になって、自分がなりたい体型が、実現可能か考えたほうが良いです。
脂肪が減っても脚が長くなるわけでもないし、肩幅が増えたり減ったりもしないだろうし。

MEC食では20代の頃に戻れるかも…くらいのニュアンスで言ってたような…。

あなたの20代の体型?そこまで素晴らしかったですか?

まさかMEC食でモデル体型になれるとか期待してませんよね?

MEC食はあなたの骨格で、現在の年齢で一番好もしい体型に整えてくれる食事法なんだと私は理解しています。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
16:56  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2014.10.20 (Mon)

鬱さんお出まし?

先週あたりから嫌な感じがしていたのですが、とうとう鬱さんのお出ましかも…。
双極性障害

家族に高らかに 具合悪い宣言をして、食事を自分たちでなんとかするモードにシフトしてもらいました。
昨日は湯豆腐と、テイクアウトの唐揚げを夫が用意してくれました。次男は自分で塩鯖を焼いていました←まあ、MEC的ですね。私は焼いてあったローストビーフを2塊、薄切りにした時点で力尽きました。

今朝は早朝覚醒が起きてしまい、四時ごろから弁当作りのシミュレーションをして、なんとかサンドウィッチを作ることができました。パックドーン&ぶふぉ焼きをパンに挟んだだけ。

MECレシピ万歳です。

今週は毎晩、肉たっぷり鍋にして食べてもらうことにします。

IMG_2005.jpg

ビニール袋に入っている挽肉に塩コショウしてモミモミしたのを、袋の角を切って絞り出して、スプーンで鍋に落として行きます。洗い物もなくつみれができます。つなぎを一切使わないので、カミカミがしっかりできます。写真のつみれは丸くないですが、スプーンでちょいちょいすれば丸くて可愛いつみれになります。今回は私の精神状態がつみれのカタチに如実に表れてしまいました。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
11:33  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT