肉・卵・チーズ 2014年12月08日
FC2ブログ
2014年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

現時点で、なんらかの持病があり通院している方は、自己判断でMEC食を始めないでください。 必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。 今食べている食事の量が多いか?少ないか?体重が増えない、減らないなどのコメントを頂く事があるのですが、 私は単なるMEC食の実践者にすぎませんので、個々の質問にお答え出来る立場にありません。 今後そういったコメントを頂いた場合、申し訳ないのですが削除する事にしました。 ご理解をお願いいたします。 ご自身の体験について、皆さんと分かち合う目的でのコメントは大歓迎です。 よろしくお願いいたします。

2014.12.08 (Mon)

CHANTOさま、ありがとう!

CHANTO、やっと届きました。

MEC食が、カラーで女性誌に載っているのを見るのは感無量です。





今まで、数限りないダイエットがマスコミに取り上げられ、ブームが起きました。

MEC食もその一つだと今はまだ思われているかも知れません。


MEC食がメディアに登場するのはとても嬉しいのですが、MEC食が痩身法として広まることには懸念を抱いています。

なぜならMEC食は、その人の身体の状態を、その時点で最高に持ってゆく食事法だからです。

なので、いま、大して体重はないのだけれど、骨もスカスカ、身体はプヨプヨ、筋肉なんて最低限しかない…。そんな人がMEC食したら、骨はみっちり、脂肪は落ちる、筋肉は増えるで、元の体重は確実にオーバーすると思います。

その時に、私本来の姿になれた!と素直に喜べる人ならいいのですが、低体重=良し という価値観の刷り込みから脱せない人は、ショックを受けるでしょう。そして、MEC食は太る…。痩せない…。

だから、MEC食=痩せます となるのは怖いなあ…

と、一瞬は思ったのですが、MEC食が多くの人の目に触れて、実行してくれるひとが増えれば、多少の脱落者がいたとしても、分母が増えることで、健康な人が増えるから結果オーライですね~(.^θ^.)

どんどん広まれ~ヽ(*^θ^)ノ

数限りないダイエットの中で、半年後、1年後が本気で楽しみにできるものってどれほどあるでしょうか?

セルライトだらけたった私の脚、いま、どんどん変化しています。膝小僧も姿をあらわしつつあります(笑)

MEC食の先輩、皆さん、かつて太っていたなんてことが信じられないほど脚やお尻もスッキリなので、私も来年にはどうなってるだろう?と本気で楽しみなのです。

アラフィフになって、月日を重ねるのが楽しみになるなんて、自分でも思ってもみませんでした。

以前は、一夏越すたびに老けてく感じがして、歳取るのが恐ろしかったですから。

MEC食以外の記事もとても楽しめました。MEC食の実際のレシピが載っているのがとてもいいと思いました。是非お手にとって見てみてください。













にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

スポンサーサイト



14:22  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2014.12.08 (Mon)

野菜中心をやめなさい を読んで




ざっと読んでみて、こちらのブログで呼びかけたくなりました。

もし、今の食生活で何の体調不良もなく、自分の健康に満足している方には、特別MEC食は勧めません。そのままその食生活をお続けになってくださればいいと思います。

でも、もし、 肥満、体重増加、倦怠感、偏頭痛、イライラ,PMS、生理不順、肌荒れ、便秘 などに思い当たるのであれば、まず今の食生活を疑ってみてください。

そして、この本をじっくり読んで、やってみようかな?と思ったら、まず三日と思って、気軽に始めてみてください。

SNSやブログやオフ会でMEC食実践者で情報交換もしています。仲間がたくさんいます。

すでにMEC食で見た目や体調が良くなった私を見て、MEC食の効果を目の当たりにして実践してくれている人も増えてきました。

MEC食、楽しいですよ。我慢もいらないし、お腹いっぱい美味しいものを食べています。

この本を一人でも多くの方が手にとってくださればいいなと思います。

MEC食 オフィシャルホームページ ローカーボプラスワン
Facebook チームMEC食 + チームくびれしぴ (非公開グループですので、検索して参加申請をしてください)

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
09:05  |  参考図書  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |