肉・卵・チーズ MEC食にしたらどんな事が起きたのか妄想してみた
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

現時点で、なんらかの持病があり通院している方は、自己判断でMEC食を始めないでください。 必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。 今食べている食事の量が多いか?少ないか?体重が増えない、減らないなどのコメントを頂く事があるのですが、 私は単なるMEC食の実践者にすぎませんので、個々の質問にお答え出来る立場にありません。 今後そういったコメントを頂いた場合、申し訳ないのですが削除する事にしました。 ご理解をお願いいたします。 ご自身の体験について、皆さんと分かち合う目的でのコメントは大歓迎です。 よろしくお願いいたします。

2014.09.25 (Thu)

MEC食にしたらどんな事が起きたのか妄想してみた

文系な私が、MEC食を始めるとなんで調子がよくなるのか、自分の体験をもとに妄想してみました。渡辺先生の監修なしですので、あってるかどうかはわかりません。各自、黄色い本でご確認ください。

私がMEC食に出会うまでの45年間、多分ずーっと栄養足りてませんでした。特に、必須アミノ酸、必須脂肪酸。肉・卵・チーズなんてロクに食べてませんでしたから…。

栄養が足りていないのに、身長は163センチ。体重は平均的には50kg〜54kgくらいでした。46歳にしては小さくはない方です。←今年の初めはなんと64kgありましたが。

足りない栄養で、それだけのボディをどうやって維持していたのでしょうか?
身体の材料足りないからって、心臓をなくすとか、骨を一本減らすとかは出来ません。全体の機能的には何とか保つ必要があるわけです。

じゃ、どうやって?と考えると、多分、ひとつひとつの部品をチャチくしていたのではないかと思われます。

見かけは同じ建物でも、壁を薄くするとか、柱を細くするとボルトを減らすとかして、同じ見かけでも構造をちゃちくすることで、材料を節約する事が出来ます。何年か前にあった、欠陥マンションみたいなものですね。設計図通り作りたいけど、材料がないので、何とか見かけは同じ建物を造ろうとして、現場がめっちゃ工夫するのです。良い方じゃなくて悪い方の工夫ですけど。

臓器でも多分同じで、細胞の壁を薄くするとかして何とか臓器としての機能と大きさを保っていたのでしょう。そして隙間を脂肪や水分で埋めてある。
同じ大きさ、重さのパーツでも、絶対水分が多かったはずです。←根拠は全くありませんが、そんな感じがします。
命を維持する大切な器官にはもちろん優先的に栄養が回るのかもしれないですけど、絶対量が足りないのですから、全身お粗末な部品だらけ。不定愁訴がないほうが不思議です。

MEC食を始めると、最初ぐっと体重が減ったあと、停滞する時期がしばらく続きました。肉・卵・チーズがいくらでも食べられるように思える時期もありました。

きっとその時期、身体のパーツを作り直していたのだと思うのです。

MEC食を始めてまず気付いたのが、お肌がツルツルになった事。爪も綺麗になりました。まず、外側をマトモにしようってんで、肌や爪を強化したのでしょう。今まで材料不足でゴメンナサイって感じです。

きっと内側の外側である消化器もそのあと作り替えられているはずです。栄養の吸収も効率的になるし、消化液もきちんと出るようになる。なのでだんだん量を食べなくても満足出来るようになったのかも。

循環器や呼吸器も順番に作り替えられてゆくのでしょう。もちろん脳も!

MEC食の1クールが4ヶ月というのも、身体の作り替えに関連しているのかもしれません。

こんな事をあれこれ考えていると、全身スッカスカで体重が少ない方が良いのか、お肌も内蔵もピカピカでずっしりの方が良いのか、答えは自ずから出ると思います。

偉そうな事書いてますが、まだお腹周りにはぷよぷよが残ってるし、太腿には憎きセルライトがいすわっています。
でも45年かけて出来た欠陥ボディがそんなにすぐに理想的になるはずないですよね。
いつでも充分にちゃんとした栄養が入るってことを私の身体が納得すれば、余分な脂肪も落ちてくるのではと期待しています。

今日も、しっかりカムカムしながらMEC食をエンジョイしています。←最近砂肝がブームです。

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
スポンサーサイト
10:19  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://minoruooyg.blog.fc2.com/tb.php/119-3f2ad8ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |