肉・卵・チーズ 甘味との付き合い方
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

現時点で、なんらかの持病があり通院している方は、自己判断でMEC食を始めないでください。 必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。 今食べている食事の量が多いか?少ないか?体重が増えない、減らないなどのコメントを頂く事があるのですが、 私は単なるMEC食の実践者にすぎませんので、個々の質問にお答え出来る立場にありません。 今後そういったコメントを頂いた場合、申し訳ないのですが削除する事にしました。 ご理解をお願いいたします。 ご自身の体験について、皆さんと分かち合う目的でのコメントは大歓迎です。 よろしくお願いいたします。

2015.03.11 (Wed)

甘味との付き合い方

甘味依存で苦労している方って多いとおもいます。

私も完璧に甘味依存でした。
10時、3時に甘いものを食べるのが楽しみで、おやつなしの生活なんてまず考えられませんでした。

なので、糖質を制限しようと決めた時、まずしたのは、ネットで安いラカントをまとめ買い(笑)
普通のと、シロップと、スティックとご丁寧に全種類。のど飴まで注文しました(笑)

デザートなしの生活なんて自分には絶対無理だと思っていて、毎日せっせとレアチーズケーキやチーズケーキやアイスクリームを作っていました。

糖質制限時代は、どうしても口さみしさが抜けなくて、1日1回は、甘いデザートを食べていたような気がします。

それがある日、カルピンチョ先生のブログを読み、代替甘味料であったとしても、内分泌に影響するのでは?と甘味そのものに対する疑問が湧いてきました。

この記事です→エリスリトールで血糖値が上がる

甘いものを食べるワクワク感、高揚感だけで、血糖値が上がってしまうケースがあるようなのです。

その後MEC食を続けるうちに、口さみしさ自体がなくなり、甘味を欲しない体になりました。
チーズで食後満足できるようになった時には、うれしかったです。

たぶん、私も以前は甘いものを食べるときに、幸せホルモンがドバーッと出ていたんだろうなとおもいます。
そして同時に内分泌が撹乱されていたはず。

最近の私、MEC食でほとんど代替甘味料も使わない生活。
そして、たまのお祝いには、普通にパフェやケーキやアイスを食べています。

先日娘と母でデニーズに行ってパフェ食べました。



特に眠気などはありませんでした。
久々のイチゴ、美味しかったです。

<<=====================================>>
MEC食を実践する場合は必ず下記の本を読んでから
 ↓↓↓
<<=====================================>>









⚫︎MEC食 オフィシャルホームページローカーボプラスワン
随時渡辺先生の新着コラムを読むことができます
オススメリンクやMEC食のメニューなども

⚫︎Facebook チームMEC食 + チームくびれしぴ 非公開グループですので、検索して参加申請をしてください
MEC食を実践しているお医者様に、直接質問に答えていただいたりできますよ

【ご注意】
現時点で、なんらかの持病があり通院している方は自己判断でMEC食を始めないでください。必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。


にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ

スポンサーサイト
10:28  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://minoruooyg.blog.fc2.com/tb.php/229-72b1fa92

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |