肉・卵・チーズ 甘味を使わない料理のレパートリーを増やそう
2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

現時点で、なんらかの持病があり通院している方は、自己判断でMEC食を始めないでください。 必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。 今食べている食事の量が多いか?少ないか?体重が増えない、減らないなどのコメントを頂く事があるのですが、 私は単なるMEC食の実践者にすぎませんので、個々の質問にお答え出来る立場にありません。 今後そういったコメントを頂いた場合、申し訳ないのですが削除する事にしました。 ご理解をお願いいたします。 ご自身の体験について、皆さんと分かち合う目的でのコメントは大歓迎です。 よろしくお願いいたします。

2017.07.14 (Fri)

甘味を使わない料理のレパートリーを増やそう

MEC食を始めた頃戸惑ったのは、いかに今まで調理に甘味を使っていたか、ということでした。

煮物、酢の物、南蛮漬け、和え物、生姜焼き、卵焼き、なます、ちらし寿司、すき焼き......などなど。

普段使っていたドレッシングの原材料にも果糖・液糖がたっぷり.......

いまの日本、料理に甘味を使いすぎ!

ひるがえって、欧米の調理には甘味の使用は少ないです!

アメリカでは調理の味付けはマーガリンとシーズニングソルトでした💦ほとんど調理技術のない家庭でしたから.......。でも調理に甘味を使うという発想がそもそもなかったはず。


スペインでは、味付けは基本、オリーブ油とニンニクと塩。スパイスは胡椒やパプリカがよく使われていました。


私の母は、料理のレパートリーがほとんどないのですが、不思議なことに、調味にほとんど砂糖を使わない人でした。塩、胡椒、ショウガが基本で、たまに醤油、味噌。味を出すのに、ベーコンやウインナーを使っていました。昔から素材の味が好きなんだと言ってました。


今になれば、甘味を使いたくなるのは、油の旨味が足りないからだとわかるのですが、MEC食に慣れて、シンプルな料理の旨味が味わえるようになるまでは、ギクシャクした感じが残りました。

それまでは、砂糖の消費はハンパなかったですから、心配で、代替品のラカントを大袋で買いました。(結局すぐ、使わなくなって、それがまだ残ってます)


日本の家庭料理からスムーズにMEC食に移行するには
●欧風メニューを増やす
●味噌、醤油などの調味料はいいものをごく少量使う
●薬味、スパイスなどをうまく利用する。
●こわがらずに脂をしっかり使う
●ベーコンやウインナーなどを味付けにうまく利用する
●ダシをしっかり濃くする
●砂糖やみりんを使わない家庭料理のレパートリーを集める(メモ書きしておくだけでも違います)


そのうちカムカムすると、旨味がどんどん出てくる感覚がわかるようになれば、濃い味付けはいらなくなります。


<<=====================================>> MEC食のオフィシャルページ →MEC 肉・卵・チーズで健康になるMECな食生活 MEC食を実践する場合は必ず下記の本を読んでから ↓↓↓ <<=====================================>>

新刊出ました!





















【ご注意】 現時点で、なんらかの持病があり通院している方は自己判断でMEC食を始めないでください。必ず主治医と相談して、許可を得た上で実践してください。MEC食をしてはいけない場合もあります。



大八木ミノル 本業サイト→†蔓薔薇人形館†

にほんブログ村 ダイエットブログ MEC食ダイエットへ にほんブログ村 にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ にほんブログ村
スポンサーサイト
08:27  |  レシピ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://minoruooyg.blog.fc2.com/tb.php/441-2dc734c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |